ChapUp

チャップアップが【絶対】効かない人がいます!購入前にチェック!

有効な育毛剤として知名度のあるチャップアップですが、「効き目がない」と言いきれる人もいるんです。

効果が出ないのに使用することほど無駄なことはありませんよね。

さて、チャップアップが効かない人とはどのような人のことを言っているのでしょうか。

チャップアップが効かない人!?3つの理由に心当たりは!?

チャップアップは数ある育毛ケア商品の中でも、進んでおすすめしたい育毛剤。

ただ“それは勘弁”というチャップアップ成分もお手上げな人がいるのです。

残念ですが、該当する人はいくらチャップアップを使っても、効かないんですよね。

チェック1.チャップアップが効かないのは使用期間が問題!?

チャップアップが効かない!なんて嘆いている人の大半が、短い期間で効果を判断しています。

周知されているようで、守る人が少ない使用期間。判断を急ぎたくなる気持ちはわかります。

しかし、育毛剤には即効性はなく、ヘアサイクルを繰り返すうち徐々に効果を発揮していくのです。

さらにはヘアサイクルといっても個人差があり、“効果が出るのはこのくらいの期間”と断定できるわけではないんですよね。

ちょっとヘアサイクルについて詳しくみておきましょう。

チャップアップはヘアサイクルを無視すると効かない!?

ヘアサイクルは、成長期・退行期・休止期の3つの期間を繰り返しています。

成長期

頭皮の中の毛根が成長し、新しい髪の毛が生えてくる時期です。この成長期は男性で3~5年、女性で4~6年間続きます。

正常なヘアサイクルであれば、成長期の健康な髪の毛が全体の約80~90%を占める状態が続きます。

退行期

成長活動が鈍くなり毛根が2種間ほどかけて小さくなる時期です。その後2~3週間かけて毛が抜ける準備をします。

休止期

3~4ヶ月間、毛根の成長がストップする時期です。この間、毛根は眠り髪の毛は成長しません。

これがヘアサイクルの大まかな特徴です。

ポイントとなるのは3~4か月間もある休止期。そのため、育毛剤は最低でも3ヶ月以上使い続けなければいけないのです。

チェック2.使用方法によってはチャップアップが効かない!?

チャップアップが効かない方、使い方を間違っていませんか?

正しい使用方法を守らないと、チャップアップの効果は発揮されません。

特に重視してほしいのが、チャップアップの“使用前”。

効果を得るためには成分を浸透させる必要があるため、頭皮がホコリや皮脂で汚れてしまっていては意味がありません。

また、成分をより効果的に浸透させるには身体を温めるのもポイント。

この2点から考えて、チャップアップの使用前に入浴し、頭皮を清潔な状態にする・身体を温めることがチャップアップ効果を促す大切な習慣となるでしょう。

効かない人は見直して!チャップアップの正しい使用方法

頭皮をきれいな状態にした後のチャップアップ使用方法を見直してみましょう。

シャンプー後ドライヤーで髪を乾かす
↓※乾かしすぎると頭皮乾燥の原因となるので、8割方乾かす程度でOK。

頭全体にチャップアップを使用する
↓※30プッシュが目安。気になる場所だけでなく、必ず全体的に使いましょう。

チャップアップを押し込むように側頭部から頭頂部をマッサージする

チャップアップを付けた後のマッサージは、5~10分が目安です。

正しい使用方法を守れるかどうかで効果は激変。手を抜かずに行いたいですね。

チェック3.薄毛の原因によってはチャップアップが効かない!?

チャップアップが得意としている薄毛は、AGAを発症しそうな状態や全体的に毛が抜けて薄っすらしてきたといった状態です。

AGAは男性型脱毛症と言われ、頭頂部やおでこの生え際から薄毛・脱毛が進んでいく症状。

AGAが発症する原因は、男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びついてDHTを生成してしまい、脱毛を促すと考えられています。

チャップアップは、この酵素や脱毛を誘発する物質を抑制できる成分を含んでいるので、AGAの症状には効果が期待できるのです。

チャップアップが効かない薄毛の症状は、この他に原因があると考えられます。

原因が違う症状①.毛根が無いとチャップアップは効かない!

チャップアップではどうすることにもできない「状況」があります。

それはズバリ、「毛根がない薄毛」です。

チャップアップがアプローチできるのは、毛根に栄養が渡らず毛が細っている状態、もしくは毛が抜けて毛根が眠っている状態。

そもそも毛根が無い状態ではお手上げなのです。

この状況に該当する人には、残念ながらチャップアップは効かないでしょう。

原因が違う症状②.精神的要因にチャップアップは効かない!

チャップアップで効果がない場合、気になっている薄毛・脱毛の原因が自己免疫疾患だと考えられます。

自己免疫疾患とは、身体を守る働きをするCD8陽性Tリンパ球が毛根部分の自己抗原に攻撃することで起こります。

原因と考えられているのが、
・ストレス
・遺伝
・ホルモンバランスの乱れ
・アトピー症状

そしてこの原因によって現れる症状が、円形脱毛症です。

チャップアップは円形脱毛症の原因を取り除くことはできません。そのため効果が出ないというわけなのです。

“効かない”の判断はいつくだす!?チャップアップ使用期間の目安は?

チャップアップが効かない人を検証した結果、3つの理由があることが判明しましたね。

ただもう1点、上記の理由ではなく素直にチャップアップが効かない人もいるでしょう。

いつの段階で“効かない”と判断するのか。チャップアップの使用期間で効果を確認してくださいね。

効果が楽しみな1ヶ月目!チャップアップは効く?効かない?

チャップアップを使用し始めて1ヶ月。初めて育毛剤を使用する人は、何か効果が出ないかと楽しみにしたい期間でしょう。

稀に、ここで何かしら効果を感じる人もいるようです。

ただ、その効果=毛が生えたということはあり得ません。

というのも、チャップアップの成分がアプローチした効果が現れるのは、ヘアサイクルを経て実感できるためです。

そのため早くても3ヶ月、半年は立たないと新しい髪の毛の確認は無理でしょう。

半年後の効果は!?チャップアップは効かないと判断できる!?

上記に記述したように、チャップアップを使用し始めて半年がたてばいよいよ判断できる時期となります。

ただここでやめてしまうと、今まで(半年間)の苦労が水の泡です。

しっかり使用方法を守ってきたかを振り返り、ここで「効果がない」と言い切れる場合は見切りをつけてもいいかもしれませんね。

1年間使用!効かなかった人はチャップアップを諦める!?

1年間使用し続けてもチャップアップ効果を感じられなかった人。

残念ながら、チャップアップ含め育毛剤でのケアに限界がきているかもしれません。

育毛剤を変えて試すといっても、期間とコストがもったいないでしょう。

ちゃんと向き合い、AGAの病院で診てもらいことをおすすめします。

効かない人必見!チャップアップの返金保証を使おう

チャップアップには返金保証制度が設けられています。

定期コースで長期的に育毛ケアをした人でも利用できるよう、保証期間は永久となっているんですよ。

ちなみに、返金保証の対象となるのは初回分のみ。

使用期間が短くても長くても、「効果がない」と判断し、返金請求すると約1回分の金額は返金してもらえます。

もともと頭皮との相性を試すためだけに30日間と定めていたところ、永久へ変更したようなんですね。

効かないと判断した場合、返金請求できることも頭に入れておくと良いでしょう。

本当に効かない!?チャップアップ公式サイトを再チェック!

これだけ知名度のあるチャップアップでも、効果が出ないという人がいることは事実です。

ただ、頭皮との相性に問題がなく、半年間使用しているのに効果がない人はとても残念ですよね。

そこでもう一度見直して欲しいのが「使用方法」。

ぜひ、チャップアップの公式サイトをチェックしてみてください。

使用方法やマッサージ方法が詳しく記載されているので、間違った使い方をしていなかったか確認できると思います。

容量・用法を再確認!ケア方法を見直して、チャップアップ効果を実感しましょう!